まえそのさんちのトライアスロン

「アイアンマンレースを47都道府県で!」そんなチャレンジの行方は。

バラモンキング2019 参戦記!!!

6年前に初めてロングに挑んだのが本大会でした。それ以来の2回目の出場です。
 
今回も佳苗さんが応援、サポートを頑張ってくれました。
応援もすっかりベテランで12時間弱というレース時間もあっという間らしいですw
 
総合タイム:11:42:15 (swim 1:15:59  bike 6:34:30   run 3:51:46)
順位:総合73位/出走690人、 エイジ8位/出走41人
 
気温25℃ 風速 北東7~9m 
完走率77.7%
(ロングは風が強くなると完走率下がる傾向な気がします。
 

f:id:maesonosan:20190706211243j:image


6/21(金) レース前々日
AM10:10成田発、電車-飛行機-バス-フェリーを乗り継ぎPM4:00に五島着。
受付、競技説明会はこの日のうちに。
島内移動はレンタカーを借りました。
 
6/22(土) レース前日
午前中はゆっくり。昼前からバイクセットアップ。
バイク試走も兼ねて車検会場(スイム会場)へ。バイクとランバッグは前日預託マストでした。
バラモンは一番車検がしっかりしてます。結構な人がブレーキやら、DHバーの取付やらで引っかかってました。
預託後はラン試走とスイム試泳も行って最終確認完了。
 
 
6/23(日)(レース当日)
3:00~4:00
起床、ささっと準備して装備を車に積み込み宿出発。
朝食は移動中に。特性おにぎり3つとウインナーに饅頭2つ。朝食は1000kcalくらい。
4:00会場着だとスタッフもまだ揃っていない状態。勝手によさげな所に車を止め待機。
五島の朝はゆっくりめ。
少し余裕あり過ぎでしたがトイレ待ち時間回避できたのはナイスです。
 
5:10~6:50
最終受付
アンクルバンド受け取り、スペシャルニーズバッグを預託します。
(バイクの80kmとランの21km地点に用意してもらえる。自分はランのみ用意)
ドリンクホルダにはジェルボトルを、前部のハイドレーションへは麦茶をセット。
このセットはすっかりおなじみになりました。最後に空気圧調整をしてバイクセットOK。

 

f:id:maesonosan:20190706211327j:image
f:id:maesonosan:20190706211324j:image
 
スイムチェック、ウォーミングアップを経て、スタートエリアでぷかぷか待機。
前回の宮古は真ん中の真ん中で終始大混雑だったので今回は内側最前列にスタンバイしました。
追い越し不要ポジションを確保です。
 
前置き長くてすみません。
ようやくはじまりです。
 
 
7:00:02 号砲
 
 
<スイム>
スイムコースは五島南東部の富江港という港内1.9kmを右回り2周回のコース。
港内なので波はほぼなし。港内特有の小波が若干あるくらい。
フローティングスタート(海にぷかぷか浮いたとこから)は入水が不要で個人的には好きです。
 
そしてそして、最前列のスタートは思惑通りにいったのか・・・
 
号砲鳴り止まぬスタート直後、その名の通りの先制パンチが左から飛んできました。
おもいっきりゴーグルにヒットしましたがなんとか大丈夫。
 
その後は次から次へと勢いある選手にあの手この手で追い抜かれるも、200mほどで安定。
周囲には自分と同じレベルの選手が固まり泳ぎやすくなりました。
 
前列正解だと思います。スタート直後さえやり過ごせばあとはすごく泳ぎやすかったので今後もできるだけ前から行こうと思います。
 
少し脱線しますが本大会、競技説明会でも、ガイドブックでもスイムキャンセルになった場合の説明が一切ありません。
つまりはスイムキャンセルはないよ!ってこと??
 
というのもこの日の五島は強風警報が発令中。
風速7~9mの風が吹いていた訳なんですが海は落ち着いたものでした。
当日の海を見て、泳いでみて、なるほど納得でした。
 
そんなことを考える余裕も持ちつつ、終始同ペースの人たちと進行し1周回終了で36分台。
なかなか良いペース。2週目は更に落着きストレスフリーでスイム終了。

 

f:id:maesonosan:20190706211349j:image
 
3.8km
1時間15分59秒 (2:00/100m)
スイム順位:209位
 
 
<T1> 4:45
T1は予め自分でセットしたトランジバッグをラックから回収し、更衣テントでバイク準備を行うシステムになっています。
システムは宮古と同じ。宮古ではウェットの上を紛失してしまったので真っ先にウェットをバッグにしまい、最後にもう一度チェック。
今回はちゃんと戻ってきました。
 
 
<バイク>
バイクコースは島の南東部のスイムコースから一旦南行
そこから西へ抜け島の西側をぐるっと2周回。
最後は島の中心である東の福江港でFINISHする180.2km。
 
宮古佐渡とロングコースを走ってきましたが、バイクコースは五島が一番難しいと思います。
絶えず繰り返されるアップダウンに今回は風もアドオンで足を残そうにも「使わな走れんよ~」の状態でした。
 
それでも今回のテーマ「前モモを使わないペダリング」は忘れないように。
GWにやっちまったアキレス腱を痛めるという失敗を繰り返さないように。
 
できてるかは正直分からない。きっとできていないでしょう。
でも、「意識すれば動きは変わる」はずと信じて。
 
宮古で注意されたドラフティング。バラモンはスイムと同じくバイクもパックが3~5人ほどで常に確定している状態ですごく走りやすい。
意識せずともドラフティングゾーンに入ることはありませんでした。
 
登りでパックの先頭に立ち、向かい風巡航区間で最後尾まで下がる、の繰り返し。
向かい風全然だめでした。すごくレスパワー。
バイクの伸び代はここにありそうです。
 
ラスト30km、2周回を終えて東へ抜ける区間は最も強い風が真正面から。
車速20km/hを下回りそうになり心も折れそう。
 
こらえてこらえてバイクFINISH。
 
180.2km
6時間34分30秒  (27.4km/h)
(T1,T2込)
バイク順位:126位
 
 
<T2> 4:46
バイクFINISHラインにはバイクキャチャーがいてバイクを受け取ってくれます。このシステムすごくアイアンマンっぽい。
トイレ休憩を挟んでランスタート。今回のトイレはこの1回。ちなみに宮古はトイレ0回。
ラン前はトイレ含めてしっかりめに休憩時間確保した方が気持ちに余裕ができて自分には良さそうです。
 
 
<ラン>
ランコースは福江港を起点に北東へ片道10.6kmを2周回。
6年前はたしか3周回だったのでランコース変わったようです。
 
疑心暗鬼の「ペダリング効果」の確認をすべくランスタート。
スタート直後の感触は前モモの張りは少な目。ハムに疲労感あるもまだまだ余力ありな感覚で感触はよし。
 
いつも通り最初の5kmはリズム作り。5:30ペースで心拍安定。
 
ランコースも多少のアップダウンあり。登り下りが続く中、大まかには行きが登り基調、帰り下り基調。
 
そして想定していたより暑かったです。体感は30℃近かった。
でも記録的には25℃だったので日差しの影響でしょうか。
エイドには冷却アイテムのスポンジがなかったので水を被ってオーバーヒートしないように。
 
序盤は何人かにペースメーカー&風よけに使われてた感がありましたが15kmまでに全員脱落。その後は単独走で1周回目終了。
中間点でスペシャルニーズバッグで補給し、2周回目へ。

 

f:id:maesonosan:20190706211421j:image
 
2周回目の行きは辛くなってきてペースが上がらない。6:00前後。
 
登りでは右ハムに攣り傾向、左アキレス腱に違和感が出てしまいました。
(GWの時は右。今度はそっちかー)
無理をしないように、でも大崩れしないようにして最後の折り返し。
 
残り10km。ここからは帰るだけ、下り基調で気持ちも楽になりました。
気温も落ちてきて、ラストはペースを上げてフィニッシュエリアへ。
 
レース前の佳苗さんからの忠告。
 
 
「ゴール前のスピードがいつも速過ぎるからゆっくりね!」
 
 
ちゃんと覚えてました私。しっかりペース落としました。
 
 
12時間近く一人で応援してくれた奥様と手を繋いで最後のレッドカーペット。
珍しく他の選手は全くおらず、ゴールエリアを夫婦独占でゴール。
 
気持ち良くゴールできましたし、タイムもよかったので大変良きレースになったと思います。
 
 f:id:maesonosan:20190706211438j:image
 
ゴール後佳苗さんより、
 
 
「まだ速い!!!」
 
 
42.2km
3時間51分15秒 (5:29/km)
ラン順位:52位
 
 
<補給>
・バイクボトル
マグオン・グレフル(120kcal)×7 + ポカリ500cc(125kcal) = 965kcal
 
・固形物
エネモチ(149kcal)×2、スポーツ羊羹(114kcal)×3 = 640kcal
 
・フラスクボトル(ラン10kmと21kmで補給)
マグオン・レモン×1+ポカリ = 120kcal
マグオン・ピングレ×1+ポカリ = 120kcal
 
・トランジッション
ウィダーインゼリー(180kcal)×2 =360kca
 
total kcal 2195kcal
 

 

f:id:maesonosan:20190706211458j:image
f:id:maesonosan:20190706211453j:image
 
次は皆生頑張ります。