まえそのさんちのトライアスロン

「アイアンマンレースを47都道府県で!」そんなチャレンジの行方は。

「後悔などあろうはずがない」

「後悔などあろうはずがない」

 

イチロー選手の引退会見での言葉です。

 

f:id:maesonosan:20190328074942j:image

 

凄く晴れやかで、心からファンへの感謝が溢れて出る言葉に聞こえました。

 

深いです。

 

マーリンズからの契約オプションが行使されず行き場所がなくなった2017年オフシーズン。神戸で自主トレをしながら

「神戸の球場で、ひっそりと終わるのかなあ」と思っていたと。

 

そこに声を掛けたのが古巣マリナーズ

 

しかもその時に2019年3月20・21日の開幕シリーズまでの契約が交わされたことになる。

 

この契約を引き出してしまう凄さ。

 

しかもその後、5月に前代未聞の契約

「会長付特別補佐」

 

「5月にゲームに出られなくなる。あの時も(引退の)タイミングでおかしくないんですよね。でも、この春に向けてまだ可能性があると伝えられていたので」

 

これも開幕シリーズまでの契約があるからこそと、後から聞けば納得できます。

 

でも、

2017年のオフも、

2018年の5月も、

 

イチロー選手以外であれば間違いなく引退だと思います。

 

 

さて。

 

 

冒頭の

 

「後悔などあろうはずがない」

 

その一言からまえそのさんが感じたこと。

 

 

2019年シーズン。キャンプから結果を出せなかったイチロー選手。

 

28年間という長い、長いプロ野球人生で

 

14832回、打席に立ち、

世界で一番多く、4367本のヒットを積み重ねたきたイチローさん。

 

2019年は28年間で初めて無安打に終わりました。

 

 

この事実が深すぎるってこと。

 

 

イチローさんのヒットを打つ姿は全ての人にとって

 

「日常」

 

となっていた。

 

 

それが

 

「非日常」

 

に変わった瞬間。

 

 

全てが出し尽くされた瞬間。

 

 

その時、何が起きたか。

 

アメリカ、メジャーリーグの選手でありながら、母国日本の舞台が用意され、

 

そこには、日付が変わろうとしているその時間まで全力で見守り、

試合が終わったあとも、全力で「イチロー」コールを叫ぶファンたち。

 

 

イチローだから」

 

と片づけるのは簡単だけども、

 

イチローだから」

 

と言われること自体が想像を絶する日々を継続してきた証。

 

 

そんな世界でたった一人の存在にだけに用意された舞台が

2019年3月21日の東京ドーム。

 

 

その日出張で群馬にいたまえそのさん。

何が何でも東京ドームに居るべきでした。

その瞬間に立ち会うことを選択しなかったこと、

 

 

「後悔なし。。。なんてあろうはずがない。。。」

 

 

 

 

世界にたった一人だけの、そんなトライアスリートになれたらいいですね。