まえそのさんちのトライアスロン

「アイアンマンレースを47都道府県で!」そんなチャレンジの行方は。

トライアスリートの年間計画

アスリートあるある
 
「レース直前で怪我をするとこの世の終わりのような孤独感が襲ってくる。」
 
 レースまであと10日きりました。

まだ痛みが抜けないよう。

 

まさにこの世の終わりを徘徊中のような、まえそのさんです。
 

f:id:maesonosan:20190221173435j:image
 
さて、
 
冬場はトライアスリートにも関わらず全力でフルマラソンに照準を合わせてトレーニングをしているまえそのさん。
 
 
トライアスリートなので年間予定のメインはもちろんトライアスロンです。
 
 
一般的なトライアスリートの場合は、
 
年間2~4レースくらいが定番でしょうか。
 
その中でショートとロングを組み合わせる感じだと思います。
 
例えば
 
例①
5月:新島TA(ショート)
7月:榛名湖TA(ショート)
9月:佐渡TA(LD)
 
 
例②
4月:石垣島TA(ショート)
6月:アイアンマンセントレア(ミドル)
8月:木更津TA(ショート)
9月:村上TA(ショート)
 
みたいな感じでしょうか。
 
例①は9月の佐渡に照準を合わせてショートを2本事前にこなす。
 
例②はメインをアイアンマンと村上に定めてその手前で1レースずつといった感じです。
 
ただし、これはけっこうガチガチでやっている方です。
 
むしろ年間1レースのみ、リレーのみという参加パターンの方の方が多数かもしれません。
 
トライアスロンレース、

 

エントリー費も大変ですが、


「せっかくならきれいな海で泳ぎたい」

 

となると旅費もバカになりません。

 

f:id:maesonosan:20190221173804j:image
 
 
経済的に余裕のある方たちは海外レースも組み合わせたり、前後に追加ツアーを組むなんかして大変楽しそうです。
 
 
まえそのさんちもトライアスロンと旅行はセットと考えていて、

 

これまでは年間1レースを家族旅行兼ねて贅沢に満喫し、

 

余裕あればショート1レース出てみるかなくらいの感じでした。
 
昨年までは。。。。
 
 
「47頭道府県で47ロングレース」

 

を目標に掲げてしまったまえそのさん。
 

今年はいつも通りとはいきません。
ロング祭りです。
 
4月:宮古島TA
6月:五島TA
7月:皆生TA
9月:佐渡TA
 
更にはセルフでもうひとロング企んでいることを今しがた告白されました。

 

(はぁ~。。。もっとドキドキできる告白が聞きたい。。。)
 
 
 これらにかかる費用、ざっと100万円コースです。
 
家計的にはもちろんのろん、すっっっっごいリスクです。
 
チャレンジは応援しますがなんとかしてくださいね。

 

f:id:maesonosan:20190221174011j:image